不動産投資を効率良く行なうには、空室リスク対策を行なう必要がある

仕組みとメリット

サブリースはどんなしくみなのでしょうか

不動産投資の話題になると、必ずと言っていいほど出てくる言葉があります。それはサブリースです。サブリースとは転貸借のことを指しますが、一般的には賃貸物件の一括借り上げや、空室保証のことを言います。〇〇年一括借り上げシステムなどと言うフレーズを耳にされた方も多いでしょう。 不動産投資を行う場合において一番の不安は空室による家賃減少のリスクでしょう。又、不動産投資は副業としては手間がかからないと思われるかもしれませせんが、ひとたび退去があると煩雑な作業が待っています。新たに入居者の募集や契約などが待っています。安定した収入を望んでいたのに思わぬ誤算だったと後悔することもあります。 そんな心配から解放してくれるのがサブリースです。管理会社が物件をオーナーから借り上げて、自らが貸主になり入居者に転貸するしくみです。契約期間中は空室の有無にかかわらず家賃が支払われます。

契約することのメリットと注意点

サブリースにすることで家賃収入の安定化が図れます。そのため新規に物件を購入する場合、サブリースにすることで銀行からの融資を受けやすくなります。メリットはそれだけではありません。入居者の募集、管理、クレーム処理なども管理会社が行ります。副業として不動産投資をする方には時間の節約にもなります。確定申告書類も管理会社との賃貸契約だけですので簡素化されます。 こういったことからサブリースは人気を呼び、取扱う業者も増えてきました。業者によって内容もさまざまです。長期に渡る契約となるので慎重に選びましょう。選ぶ際の注意点をご説明します。まずは手数料ですが10%から20%あたりが相場のようです。手数料が安いだけで選ぶことは危険です。家賃の改定が何年おきに行われるのか、フリーレントの設定があるかどうかも確認してください。フリーレントとは入居者が退去した後の1、2か月間の家賃を免責にすることです。各社によってシステムが違いますので資料を取り寄せて、お持ちの物件にあった契約をしてください。