不動産投資を効率良く行なうには、空室リスク対策を行なう必要がある

新築物件で投資

新しくた建てられた投資マンションで不動産投資を行なうには、配られたチラシをよく見る必要があります。チラシには、数字の裏付けがあります。ですから、その裏付けされた数字を見分ける必要があるのです。

Read More

受注獲得と賃料収入

賃貸物件には、一括借り上げというものがあります。それは、建築業者が建てた賃貸物件を、一括借り上げすると空室リスクが原因で、減少する収入の不安を取り除くためにあります。収入が減少するのを防ぐためにも一括借り上げを行ないましょう。

Read More

情報収集と賃貸経営

賃貸経営を行なうには、知識が必要です。賃貸経営の知識を得るには、ネットや本を参考にして情報を収集することです。知識をしっかり身に付けないと、どうして良いのか分からなくなってしまいます。

Read More

業者選びと価格

投資顧問サービスには、数多くの会社があります。なぜなら、より良いサービスを展開するためだからです。満足できるサービスを受けるには、業者をしっかり選ぶ必要があります。業者の中には、品質の低いものを提供する方もいるのです。

Read More

仕組みとメリット

不動産投資をする上でサブリースという言葉が良く出てきます。サブリースは、空室の保証や一括借り上げのことをいいます。初めて不動産投資を始める方にとって空室はキツイことです。何故なら、空室の分だけ家賃が減ってしまうからです。

Read More

空室リスクとローン

空室リスクをできるだけ早く回避できるようにしよう

ローンは早いうちになくしてしまおう

投資マンションを購入して不動産投資をはじめようとしているのであれば、当初から3戸以上は保有することを考えましょう。複数戸を保有することで空室リスクを抑えることができます。空室リスクとは保有している投資マンションの入居者が退去してしまうリスクの事です。空室である期間が長ければ長いほど、家賃収入は減ってしまいます。それどころか、費用として修繕積立金や管理費は毎月支払わなければならないので、家賃収入がゼロになってしまうと手元の資金から捻出しなければなりません。1戸の投資マンションで不動産投資をしていると、その1戸が空室になってしまうことで家賃収入はゼロになってしまいます。これを回避するために複数戸の投資マンションを保有するのです。

複数戸の投資マンションを保有していこうとする場合、1戸目の投資マンションを購入する時にローンを組んだのであれば、そのローンをできるだけ早いうちに完済してしまいましょう。そしてなるべく早いうちに2戸目の投資マンションに手を付けるのです。そうすることで家賃収入が増え、2戸目のローンは1戸目のローンの時よりも早く完済ができますし、1戸目を完済したという信用力が付いているため、頭金の負担が少なくて済ませることができます。3戸目、4戸目となっていくとローンをもっと早く完済することができますし、もっと借りやすくなります。これは不動産投資において大きな武器になりますので、早い段階でこの武器を手に入れられるようにしましょう。